送料基本300円、1.5万円以上無料!2営業日以内に発送します!!



Development

Gravity Keycapsを卓上射出成形機「TAIYAKI」で作っていただきました

投稿者 : CraftDaily on

Gravity Keycapsというキーキャップを作ったのですが、3Dプリンタである程度の数を量産するのに苦戦しています。 卓上射出成形機「TAIYAKI」 そんな中、卓上射出成形機「TAIYAKI」を開発、販売している@HAL900さんに声をかけていただきました。 このTAIYAKIは卓上とあるように、個人宅でも作れるように省スペースで射出成形ができるようになっています。組み立てキットになっているので、リーズナブルなお値段です。 TAIYAKIの素晴らしいところは、モールドベースというものを使うことで、光造形3Dプリンタで型を作れることです。通常は3Dプリンタで作った型はすぐ壊れてしまうのですが、モールドベースを使うことで補強しショット数を多くできます。 いきなりアルミなどの金属切削で型を作るのはコスト面でも心配があります。まずは光造形でモデルを作って、ある程度形が定まったところでアルミで作る、といった安心した開発ができそうです。 今回はGravity Keycapsの真ん中の3パターンに対して、光造形の型を作ってもらい、実際に射出成形したものをいただきました。 既存のモデルはMJFという3Dプリントの方式を想定して作られており、これはかなり自由度の高い設計ができます。このまま射出成形の型として使うのは修正を行う必要がありました。これまで射出成形が視野になかったわけではないので、ちょっとした知識はあったのですが、改めて実際のモデルを射出成形に対応するモデルに変更していく過程で、少しは特性が掴めてきたと思います。私が修正したものはモデルのコアな部分だけなので、ランナーなどを設計していくともっと理解が深められるのではないかと思いました。(抜き勾配はパーティングラインが大事ということを教えていただきました) 射出成形していただいたキーキャップ 前置きが長くなりましたが成形していただいたものを見ていきましょう。今回は、型の負荷が高くなってしまいますが、キーキャップでもよく使われているABSで作っていただきました。 光造形で作成した型なので、0.05mmピッチの段差は残ってしまいますが、触った感触は見た目よりも全然気になりません。 早速、キーボードにつけて使用しています。ほぼ違和感はないですね。良い仕上がりです。 試しに一つキーキャップをヤスリで軽く磨いてみました。積層痕もすぐ消えてマットな感じで良いです。型をアルミにしてシボ加工などしておけば良い感じになりそうです。 あと、注目すべきはこのChocの足です。やはり精度は良いです。大体のものは市販のChocキーキャップのようにはまっていきました。これは良いですね。一部、キーキャップ自体の体積が大きい種類では細めのものもありましたが、モデルなど改善することで解消できるのではと思っています。全体的に足はもうちょっと太く設計しても大丈夫かなとも思ったのでそれで解消されるかもです。3Dプリンタの型の時点でかなり良い印象です。 射出成形というと、必要な知識やコストが高そうというイメージがあって、選択肢に入りづらかったのですが、一歩踏み込めたことで、現実的な選択肢に入ってきたという感じがあります。 お声がけいただいたHAL900さんにはとても感謝しています。3Dプリントでの製造も進めていきますが、安定して普通の価格で提供するには射出成形はとても有効な手段なので、こちらも進めていきたいと思います。 TAIYAKI欲しいですね。10数万でこれができるとは。光造形を使えるところが近くにあったりすれば良いかもしれない。探してみます。

続きを読む →


Gravity Keycaps の進捗報告

投稿者 : CraftDaily on

Gravity Keycaps 販売再開に向けて改良中! を書いてから、早くも1ヶ月以上経ってしまいました。遅くなってしまってすいません。 結論から言うと、現在の製造元での磨き加工はひとまず休止しようかと思います。設計を工夫し何回か試作をしたのですが、バレル研磨の前に自分の心も折れてしまいました。むしろ、今まで無茶な設計での製造を行なってくれて感謝をしています。(元気が出てきたらまたチャレンジしたいです) 次の策としては、製造先を変更して、磨きなしでの提供を予定しています。磨き加工ほどではないですが、特に問題ないくらいの後処理はされています。滑らかさを追求する人には、やすりがけをお願いしようと思います。現在、新しい製造先でのテストと、足の形状の改良を行なっています。申し訳ないですが年内販売は間に合わなそうです。年明けにご期待ください! その代わりと言ってはなんですが、Gravity Keycaps MXの販売を開始します。こちらは足が丈夫なので、今まで通りの磨き加工ありでの提供になります。もう少しで初回販売分が届くと思うのでお待ちください。 あと、やるかわからないですが、手動射出成形機にも興味があります。以前、ちょっと調べた段階で止まっているのですが、INARI や TAIYAKI は面白そうですね。光造形の3DPやCNCが使えれば、自分で試行錯誤できるのですが。工房が欲しいです。  

続きを読む →


『軸の秤』でChocスイッチ17種のフォースカーブを測定してみた

投稿者 : CraftDaily on

Daily Craft Keyboard店主のふくです。 この記事はキーボード  #1 Advent Calendar 2022の 16 日目の記事です。15 日目はm.ki さんの「10 cm以内PCBを使った自作キーボードを作ったら、好みのキーレイアウトが変わった話」でした。ある制約の中でモノを作ってみて、そこから新しい価値観を見つけ出すのは良いですね。自分は片側6列から抜け出れないので、5列に挑戦してみたいです。 Choc v1スイッチ Daily Craft Keyboardを始める頃からChocの狭ピッチが気に入り、wings42を常用するようになっていました。コンパクトにできるのが最高ですね。 Chocのスタンダードなスイッチ(赤、茶、白、Red Pro)は比較的、手に入りやすかったのですが、Chocには重さや色の違う様々な特性を持ったスイッチがあるので、これらを取り扱ってみようと思いました。 調べてみると、ChocスイッチはKailhが純正で出しているものと、他の企業などとデザインやスペックを決定して作られるカスタム品があることがわかりました。 カスタム品で記憶に新しいのは「Sunset Tactile Switch」で、タクタイル感が物足りないと言われがちなChocでも、より感触の強いスイッチとして仕上げられています。他にもBoardsourceのPurpzやNovelKeysのJade, Navyなどがあるようです。あまり深くは調べられてないですが、色々歴史がありそうです。 いざ販売をすると考えると、スペックをちゃんと書かないといけません。仕入れ元に教えてもらうデータが基本ですが、データシートがあるものは少なく、他に参考にしようとするサイトの情報で数値が違うものもあります。また、Sunset Tactileは量産化の過程でスペックが変わっていくのを見ていたので、このような要因で古い数値が残ってしまうことがあるのかもしれません。一般的に認識されている数値を採用しているので問題はないはずですが、実測して確かめてみたいという気持ちが残っていました。 「軸の秤」の衝撃 そんな中、頒布が開始されたのが6日目のアドベントカレンダーでも記事にされているRomlyさんの『軸の秤』です。 フォースカーブ測定マシン『軸の秤』ってなんだ!?【キーボード Advent Calendar 2022】 Romlyさんはご自身でスイッチのフォースカーブを測定して、「軸の本」シリーズを頒布しています。軸の本2 Mechanical Switch Data Book 2 - Romly Shop - BOOTH このような事を、ご家庭でもできるようにしたキットが「軸の秤」になります。これは!と思い、早い段階で購入をさせてもらい、計測はしていたのですが、まとめられていなかったでこの機に活用してみたいと思います。 「軸の秤」にはwifiでwebを提供する機能もあり、測定したデータのグラフをブラウザから見ることができます。とても便利な機能なので、こちらのスクショを掲載していきます。 Choc v1スイッチの測定 測定風景 はじめXSwitchをつけたけど、反応が悪いスイッチがあったので一部Chocに変えてます。 キースイッチの台には、ないんさんの1k キーボードのケースを使わせてもらっています。安定していて良いです。 フォースカーブとは? これから各スイッチのフォースカーブというものを見ていきます。フォースカーブの説明は同じく「軸の秤」を使用しているサリチル酸の記事がとてもわかりやすいのでおすすめです。 フォースカーブ測定マシン「軸の秤」を紹介するよ!  ということで、順番に測定結果を見ていきましょう。 「軸の秤」とスイッチ自体の誤差や状態などもあるので、データシートのように完璧には出ませんが、十分な精度があると思います。  共通項目 Choc v1のスイッチは共通して、Total travel(総ストローク量)は3.0+0/-0.5mmConduction travel(スイッチがONになる接点の位置)は1.5±0.5mmになります。(例外などあったら教えてください) リニア  Pink まずはリニアで一番軽いPinkから。Pinkはちゃんとデータシートがありますね。 Operation Force :20±5gfとあります。 Operation ForceとはスイッチがONになるとき、つまりConduction travelの位置にくる時の力になります。Chocだと1.5mm近辺ですね。データシートのグラフのoperating pointの部分です。以下、動作圧とします。  では、軸の秤で測定したデータを見てみましょう。 Travelが1.5mmの時に、23.95gfとなっています。範囲内ですね。ちょっとボコッとなっていたりする所があったりするのですが、一回分のデータなのでご容赦ください。 他にチェックしたいポイントしては底打ちの時の力で、ボトムアウトと呼んだりもします。グラフ右側の底を打って急上昇する辺りですね。グラフを見ると大体30gf程度でしょうか。Chocスイッチはストローク量が3mmと短いので底打ちする人が多そうなのと、ボトムアウトの数値をあまり見かけないので参考になると思います。 Blue 動作圧:20gf こちらはデータシートは見つかりませんでした。Pinkと同じ感じですね。 Purpz 動作圧:25gf boardsourceさんが作られているようなので、こちらのページを参考にすれば間違いないと思います。データシートは無いようです。 グラフ上はPinkやBlueとあまり変わらないですね。 Red Pro 動作圧:35gf メジャーなのにデータシートが見当たりませんでした。  動作圧は35gfあたりですね。ボトムアウトは40gfくらいでしょうか。 Crystal Red 動作圧:35gf Red Proと同じ動作圧ですね。 Crystal Silver 動作圧:40gf Red Proより全体的に重くなっていますね。個人的にはこれくらいの重さが好みです。 Red 動作圧:50gf こちらはデータシートがありますね。   良い感じですね。 Black 動作圧:60gf...

続きを読む →


Gravity Keycaps 販売再開に向けて改良中!

投稿者 : CraftDaily on

当店で開発、販売しているGravity Keycapsですが、製造元の値上げや歩留まりの悪さなどもあり、販売の存続方法を考えているうちに在庫が切れてしまいました。 参考:GravityKeycapsの製造品質とお願い このままの状態で続けるには、さらなる値上げが必要になり、なかなかその価格では買ってもらえないのではないか、また買ってもらったとしても価格に対して満足いただけるのかが不安でした。 今まで製造元の値上げは何回かあったのですが、過去データに関しては対象ではなかったため、歩留まりは悪いものの設計データを変更せずに製造を続けていました。しかし、直近の値上げで過去データに対しても値上げ措置が取られました。過去分の値上げが一気に反映されたので、製造費がかなり上がり価格を上げざるを得ませんでした。(当然、考慮しておくべきだったのですが) しかし、逆に設計データに改めて手を加えられるチャンスとなりました。歩留まりの悪さは「磨き」工程により、Chocの細い足が折れてしまったり、細くなりすぎてしまう事により起こります。前々から、この足の部分をうまいこと保護してあげれば歩留まりが良くなるのではないかと思っていたので、この施策を実行してみました。 完全に足を覆ってしまうと、MJFのパウダーが取れなくなり製造NGとなってしまうのが濃厚なので、横部分をメインに覆ってみました。少し不安ではありましたが、これくらいのガードでも十分に効果を発揮して不良0個でした! 今回は保護部分を取り除きやすいようにキーキャップのフチをほぼ無くした形で製造しましたが、フチがあった方がカッコイイので残したい気持ちもあります。保護部分をちゃんと機能させながらカットしやすく、打鍵に影響を与えず、カット跡が目立ちにくいような設計、カット方法を模索するのが次の課題になります。 何はともあれ方向性としては良さそうなので、もう少し煮詰めていけば販売再開できると思います。 おそらくプラモデルなど射出成形部品のカットなどが参考になると思うので勉強していきますが、参考になりそうな方法やニッパーなどおすすめの道具があれば教えていただけると助かります! 家にあった中ではエンジニア マイクロニッパー ESD NS-04が良かったので、これを使用してカットしています。  

続きを読む →