9/29〜10/1はお休みとなります。10/2から発送再開します。



owl8 v2

通常価格 ¥4,900

自作キーボードキットowl8 v2になります。

※この商品はハンダ付けを必要とする組み立て式のキットです。
ビルドガイドをよく読み、必要な工具や工程を理解の上、ご購入ください。

はんだ付けに不安がある方は「組み立てサービス」の利用をご検討ください。(下記詳細)

owl8で実現したかったこと

Claw44、bat43、wings42と40%キーボードを作ってきましたが、最小限のキー数になっているため、本格的な打鍵作業(作者の場合はプログラミング)に必要なものに絞ってキーマップをしています。

たまにしか使わないけど、レイヤーなど使わず1打鍵で済ませたい作業がちょこちょことあったりしますが、そんな用途にマクロパッドが一つあると便利です。

机の上であまりスペースを取って欲しくないので、bat43・wings42ゆずりの狭ピッチ設計としました。

また、BMPを使用することで無線接続もできるので、ケーブルの取り回しも気にせず、気軽に好きなところに移動できます。

wings42同様にキースイッチ拡張やロータリーエンコーダ用のプレートを使用できます。

自分はロータリーエンコーダで音量やディスプレイの明るさの調整、キースイッチには矢印キーやEnter、Space、BS、ESCなど割り当てています。

特徴

・8キーのマクロパッドです。
・通常は8キーですが、拡張プレートにより4キー、またはロータリーエンコーダx2を追加することができます。
・Kailhロープロファイルスイッチ(Choc)専用になります。
・狭ピッチ(17x18mm)で一般的なキースイッチの間隔19x19mmより狭くなっているのでコンパクトなサイズになっています。
・BLE Micro Pro用の電池スペースがあるので、BLE Micro Proと電池セットを用意することで無線化を実現できます。

v2での変更箇所

・Pro Micro Type-Cに対応しました
・付属のPro MicroもType-Cになります
・上記対応に伴い、外形が少し大きくなりました
・BLE Micro Pro用の電池サイズが大きくなりました
・BLE Micro Pro用のスライドスイッチを変更しました

組み立て方

・ダイオードを使用していないので、比較的はんだ付けが簡単です。
・キースイッチソケットは非対応(キースイッチに直接はんだ付けをします)

詳しくはビルドガイドをご確認ください。

ファームウェア

・Remap、QMK、VIA対応済み

セット内容

・Pro Micro Type-C:1個
・コンスルー:2本

・ネジ(7mm): 10本
・ネジ(5mm):12本
・スペーサー(6mm): 12本
・スルーホールタップ:4個
・タクトスイッチ: 1個
・クッションゴム: 4個

・ProMicro保護プレート: 1枚
・トッププレート:1枚
・キースイッチ拡張プレート:1枚
・ロータリーエンコーダ拡張プレート:1枚
・基板:1枚
・ミドルプレート:1枚
・ボトムプレート:1枚

そのほかに必要なもの

USBケーブル(Type-C対応):1本
Chocスイッチ: 8個(キー拡張する場合は+4個)
Chocキーキャップ(1U) :8個(キー拡張する場合は+4個)
 
 [オプション]

ロータリーエンコーダ(ロープロ)
 (Alps EC11, EC12互換であれば他のものでも使用できます。プッシュスイッチには対応していません)
ロータリエンコーダ用のノブ
BMP用電池セット

組み立てサービス

はんだ付けが不安な方のための組み立てサービスになります。
発送まで、最長5営業日ほど掛かる可能性があります。
本商品と同時に、組み立てサービスをご購入ください。

注意事項

写真は作成見本であり商品内容と同一ではありません。
また仕様は予告なく変更されることがあります。

部品の不備、欠品、その他質問などあれば問い合わせフォームからご連絡ください。